Aiello博士のマスク研究


Aiello博士のマスク研究の概要



Aiello博士は2010年と2012年に代表的なマスク介入のRCT論文[1][2]を掲載しています。

Aiello2010 では、学生寮を、マスクを着ける寮、マスクと手洗い消毒をさせる寮、何もしない寮とに分け、2006〜2007年のインフルエンザシーズンでの6週間のインフルエンザ様疾患(ILI)の罹患率を調べています。しかしマスクのみの介入では有意差のある結果は出ませんでした。

Aiello2012は、2007〜2008年のインフルエンザシーズンでの実験で、上記の問題点を改良して実施しています。しかし結果としてはマスク介入のみでは有意差のある結果は出せませんでした。

マスクと手洗い消毒させた群では、2010年の論文では4〜6週間目で効果有り、2012年の論文では3〜6週間目で効果有りとなっています。

Aiello2010では学生寮のランダムな割振りをどうやったのか分らない、またILIを示した患者の検査が不十分だとの指摘があり、コクランを始め、メタ解析RCT論文で組込まれない傾向にあります。「組込まれない傾向」はRCTメタ解析論文を比較する上で重要な指標になりますので強調しておきます。


参考文献

  1. AIELLO, Allison E., et al. Mask use, hand hygiene, and seasonal influenza-like illness among young adults: a randomized intervention trial. The Journal of infectious diseases, 2010, 201.4: 491-498.
  1. AIELLO, Allison E., et al. Facemasks, hand hygiene, and influenza among young adults: a randomized intervention trial. PloS one, 2012, 7.1: e29744.